■WARABIオーナー

minowarabi

Author:minowarabi
ゲストハウス  『笑び』のオーナーをさせて頂いております。
美濃市蕨生(わらび)でオープンしました。
長良川と山に囲まれた自然豊かな場所。アウトドアもインドアも大好きなオーナーです^^

■Facebookページ

『ゲストハウス笑び』            「いいね!」よろしくお願いします^^

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■訪問記録

■QRコード

QR

不都合な真実。。
久々の日記!
体調は復活しました^^
そして、いろんな方々に腰にいい接骨院などお聞きし、多くの方に情報を頂きました。(特に桑名近辺の皆様。。)
本当にありがとうございました。
この情報を元に自分に合った医院を見つけたいと思います。
腰は大分良くなっていますが、恐らく歪みも出てるはずですので、またしっかり見てもらおうと思っています^^


さて。。
最近報道もされてた『不都合な真実』
米国のゴア前副大統領が地球温暖化に対する警鐘を鳴らすために自ら出演、制作したドキュメント映画。
確かに政治的アピールもあるかも知れないが、内容は的を得ている。
ロシア・アメリカ・スイス・中国などなどエルニーニョ現象による暖冬です。。では片付けられない異常気象が各国で起こっている。日本も言うまでもない。
ゴア氏の講演の中で『日本の産業界は、地球温暖化問題に対し、賢明に対応してきており、世界の模範になっていると思う。一般に民間企業は株主責任を考えるものであり、環境への対応が必要かもしれないと思っても、自分がパイオニアにあることを避け、もう少し様子を見ようと思いがちである。』
しかし日本は積極的に取り組んでいるとは言ってくれてはいるが。。本当に安心だろうか。
末端の我々の意識は。燃料節約、ゴミ問題、水質汚染。。
もう麻痺してるが、水を買わなければならない時代、きれいな空気が吸えない生活圏。。昔の人は想像出来なかったはず。
給食費さえまともに払おうとしない、目先の自分の事しか考えられないモラルのない親に育てられた子供達が、これからの環境問題を真剣に考えられるのだろうか。。
世界で起こっている理不尽にしっかり目を向けられるのか。。
先進国の利益と生活環境向上の為に犠牲になっている発展途上国の事を。世界最大の経済国である米国は、二酸化炭素排出の30%を占めている。また、毎年の二酸化炭素排出増大の25%は米国によるもの。その事実。アメリカと言う華やかさだけに目を奪われず、その裏にある真実にしっかり目を向けられて行けるのだろうか。
アメリカは京都議定書からも撤退した。環境問題より、企業の利益を優先したと言われても仕方ないと思う。

以上、自分にも改めて言い聞かせています。自分もまだまだ意識は低いと思う。レジ袋を極力断り、トートバックでの買い物実施くらいしかまだまだ出来てないかも。それでもたまにバックを忘れるから意識が低いと言わざるを得ない。。

多分自分達に出来る事なんて、小さな事かも知れないけど、でも広い視野でいろんな事を知る事は大切だと思うし、少しずつでも意識する人が増えて行く事が大切だと思う。
それが、企業を動かし、政府も動かす力になるのかもしれない。。

地球を汚すことが利益を生んだり、または人間の生活しやすい環境を作ってる限り環境破壊は止まらない。

少しづつでも意識を。。


結局、思ってること、書きたいことの半分も書けなかったかも。。偉そうな事ばかりですいませんでした。自分にも言い聞かせてるのですよ。。

不都合な真実とは。。環境に影響を与えてる大企業にとっての
不都合の事。。。




アルバート・ゴア元米国副大統領の特別講演
「地球環境問題について-『不都合な真実』をめぐって-」
http://okkz.exblog.jp/4389213

『世界的暖冬』MIXI記事
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=146635&media_id=2
スポンサーサイト


未分類 | 01:41:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad