■WARABIオーナー

minowarabi

Author:minowarabi
ゲストハウス  『笑び』のオーナーをさせて頂いております。
美濃市蕨生(わらび)でオープンしました。
長良川と山に囲まれた自然豊かな場所。アウトドアもインドアも大好きなオーナーです^^

■Facebookページ

『ゲストハウス笑び』            「いいね!」よろしくお願いします^^

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■訪問記録

■QRコード

QR

美濃祭りが開催されます!
暖かい日が続き春から一気に初夏を思わせる温かさ。。と思うと雨で少し肌寒くなったり。
週末の雨で桜も散ってしまうのでは。。こんなどんより感を飛ばしてくれる華やかな祭りが来週の週末に美濃市で開催されます(^o^)

はなまつり2


4月11日(土)・12日(日)の2日間
『美濃まつり』が開催されます。

4月11日(土)花みこし
4月12日(日)山車・練り物
※両日夕方より 美濃流し仁輪加(にわか)

はなまつり


◎花みこし
江戸時代の雨乞い行事に「町騒ぎ」があり、これに各町内からいろいろな物を造って、若衆連がかついだのが始まりです。昭和の初めから美濃和紙の花を付けた「しない」約300本を飾った現在の花みこしとなりました。
みこしに飾られる桜の花は、毎年一つ一つ手染めで作られます。


◎山車・練り物
各町内の6輌の山車(県指定有形民俗文化財)と、練り物9種類が繰り出します。カラクリ屋台は江戸時代制作。中でも300年以上前に制作された舟山車は船型で、全国的にも珍しいものです。練り物は、桃太郎、浦島太郎、花さか爺さんなどの衣裳を着た人々が登場します

山車


「山車」というのは、祭礼のときに人々が引いて歩く、いろいろな飾り物を付けた車のことです。地方によって形が変わるとともに、いろいろな呼び方をされています。


◎美濃流し仁輪加
「にわか」とは「落ち」のついた即興喜劇です。
江戸時代末期から始まったと言われる美濃流し仁輪加は、お囃子を演奏しながら町の辻つじで上演して歩くので、流しにわかと呼びます。
毎年、春の美濃まつりに新作が上演されます。

※上記 観光協会HPの案内より抜粋

美しく飾られた花みこしなど、見どころ満載です!
一度見たら病み付きになるかも(^_-)-☆
予定が合えば是非、美濃市へ足を運んでみて下さい。

当日の宿泊もまだ空きがります。詳しくは笑びまでお問い合わせください。

当日は市内で車両規制が行われる時間帯があります。お越しの際はご注意ください。
詳しくはこちらで →  美濃市観光協会ブログ
スポンサーサイト


未分類 | 21:34:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad